振袖の脱ぎ方について

華やかな振袖は若い女性の正装

華やかな振袖は若い女性の正装 振袖は、着物中でも特に華やかさが目立つ着物です。子供や独身の女性が着る晴れやかな和装として知られており、成人式ではほとんどの女性が着用します。
人生で初めて着るのは七五三であることも多いのですが、まだ物心がついていないため、覚えていない人も多いでしょう。そのため大人になってから思い出すのは成人式でしょう。
最近はレンタルが多いですが、成人式で購入した人は、その後、結婚式などでも使えます。
もともと結婚前の女性の正装として広く普及しましたが、時代の流れとともに、しきたりも緩くなってきました。現在は既婚女性が着ていることも珍しくありません。
そもそも独身でなければいけない、という根拠が薄いため、結婚後に着ても構わないでしょう。
ただ、振袖は華やかさ、艶やかさが特徴の着物ですから、あまり年配の女性が着るには適しません。既婚であっても比較的若い女性、20代までというのが常識的です。
成人式の日に着るのは、無事に成人を迎えられたことを神に感謝する日であり、正装でいるべきだという考えからです。若い女性の華やかな正装、という歴史がありますから、地味な色柄よりもカラフルで大柄な模様のものを選ぶのがよろしいでしょう。
着物の中では高価なほうですが、流行り廃れはありませんので、子供、孫へと受け継がせることができます。

振袖の脱ぎ方について

振袖は自分で着付けたり着付けてもらったりと着る時には場合によって人の手を借りる事もあるのですが、脱ぐ場合は自分で脱ぐようになっています。というのも振袖などの着物は着るときは大変ですが脱ぎ方は非常に簡単になっているというのが特徴であり、覚えてしまえば自分ひとりで簡単に脱ぐことができるようになります。
では脱ぎ方はどのようになっているのかというと、まずは帯の前の部分で結んでいるものをすべてほどきます。そうすると帯も自然と外れるようになっているのでそのままゆっくり外し、そこから一枚ずつゆっくり脱いでいくようになります。
縫い付けてあるものがあればそれも外すようにすると後で引っかからなくなりますし、ゆっくり脱いでいくことによって振袖に皺ができることを防ぐことができます。
基本的に振袖は帯で着物を固定するような感じになっているので、帯の脱ぎ方さえ覚えてしまえばあとは普通に脱ぐだけになっています。
それでもよく分からないという人は着付けてくれた人に聞いてみるなどアドバイスを求めておくことがお勧めですし、無理やり脱いでしまうと皺になったり破けてしまう可能性があるので、洋服と同じように脱がないようにするというところがポイントです。

おすすめの「振袖レンタル」関連リンク

あなただけのお気に入りの一枚がきっと見つかる振袖レンタル専門店のサイト

振袖のレンタル